写真撮影で全て決まる!

実物に触って確かめることが出来ないウェブ上では、言葉をつくして説明するよりも、たった1枚の写真の方がしっかりと情報を伝える場合があります。

特に、キャンピングカーの様に高額なアイテムの場合、思わず欲しくなっちゃうような気にさせる魅力的な商品写真が必要不可欠!プロのカメラマンに商品の撮影を依頼してプロマジックに頼るのが理想的ですが、そんなに予算がかけられないという方、または写真を撮るのが好きな方は、早速カメラを手にとり自分でDIY写真撮影を始めましょう。以下に、売れる商品写真を撮るためのコツをいくつかご紹介します。

 

光を見方にしよう

どんなタイプの写真撮影でも、自然光が写真を一番美しく撮るための一番の光源です。自然光をできる限り利用するためにも、日中に写真撮影をするのがおすすめです。そして大切なのは光の量だけではなく、光のバランスにも注意を払いましょう。

ハードシャドウ vs ソフトシャドウ― 光源の大きさが被写体の大きさに比べて小さい場合、ハードシャドウが生成されます。逆に、ソフトシャドウは光源が被写体よりも大きい場合に生成されます。ネットショップやホームページに掲載する商品写真を撮影する場合は、ソフトシャドウを利用するのが最適でしょう。

以下の例にも見られるように、光が拡散されていればいるほど、よりバランスよく被写体に光が当たり、より滑らかな商品写真を撮ることができます。ハードシャドウを避けるためには、フラッシュの光を抑えて柔らかな自然な光に変えてくれる「フラッシュディフューザー」を利用しましょう。カメラのフラッシュに白いテープや白いビニールバックを被せることで、自分で簡単に作ることも可能です。これで、被写体の一箇所だけに光が集中してしまうことを防ぎ、よりソフトで均一な光を商品に当てることができます。

ハードライトとソフトライトの商品写真の比較


白い背景&曲線の利用

商品写真において、クリーンな白い背景を使うことで商品が一番よく引き立ちます。また、曲線を利用すると、商品写真を地平線のない白い背景を作り出すことができます。この背景で商品写真を撮影するには、白い紙や布を背景にし曲線を作り出します。こうすることで余計な背景を取り除いた商品だけの写真が撮影できます。

白い背景で商品写真を撮影


ユニークな角度から撮影

商品のことを一番よく知っているのはあなた。しかし、商品の新しい一面を引き出してくれる、ユニークな角度から撮影された写真は、あなた自身をも驚かせてくれるでしょう。写真を撮る際には、普段とは違った角度からしてみたり、ズームアップしてみたり、面白いアングルを探ってみましょう。あなたにしか分からない商品のユニークなアングルを強調して、写真自体がストーリーを語ってくれるような商品写真を狙いましょう。写真を撮ってみるまでは、どのアングルが一番印象的な仕上がりになるかは分かりませんので、まずはさまざまなアングルから撮影してみてください。

商品写真を撮るユニークな視点を見つけよう


三脚とタイマーを利用しよう

写真を撮影する際は、ほんの僅かな振動や動きがピンボケやブレを引き起こします。商品写真がクロースアップであればあるほど、そのブレは目立ってしまいます。手ブレを防ぐ最善の方法は、三脚を利用することです。高級な三脚を使わなくても、三脚を使わない写真と比べると写真のシャープさに大きな差が出ます。また、タイマー機能を利用することで、シャッターを押す際の手ブレを最小限に抑えてくれます。


スケール感

商品によっては、サイズや雰囲気が見ている人に伝わりにくい場合があります。そんな商品を撮影する際は、写真にスケール感を与えることで効果的な写真に仕上がります。商品のサイズを伝えるには、人がよく知っているアイテムを写真に含めることが有効です。例えば、ミニチュア人形を商品としてホームページに載せる場合、標準サイズの鉛筆などを横に配置することでスケール感が伝わりやすくなるでしょう。

商品のサイズが分かる写真を撮りましょう


自然な環境で商品を見せる

実際に商品を使う場面が簡単に想像できるような物を取り入れて商品写真を撮影しましょう。また、小道具を使用することで、商品の特定の機能に焦点を当てた写真を撮ることができます。例えば、時計の写真を撮りたい場合、実際に誰かの腕に時計をしてもらって撮影しましょう。またコーヒーテーブル用の本を売りたいなら、その本をコーヒーテーブルの上で開き、隣にフルーツバスケットやコーヒーカップを置いて写真を撮りましょう。アクセサリーや衣類を販売しているなら、モデルが実際に着用している写真を最低でも1枚は用意したいところです。見込み客は、彼らが実際に着たときにどのように見えるかを想像しやすくなり、しかもターゲットとなる客層を示すこともできます。

実際に使うところが想像できる写真を用意しよう


取り扱いカラーは赤、緑、グレー

特定のアイテムについては複数の色オプションが選択できる場合があると思います。この場合は、その詳細を目で見て分かるように全色の商品写真を惜しまずに掲載しましょう!よく「青と緑も販売しています」という一文だけで済ませてしまうホームページも見かけますが、バラエティ豊かな商品写真を用意することで、商品がより魅力的に見えるはずです。説明文だけで伝えるのではなく、目で見て分かるように商品をディスプレイしましょう。

全てのアイテムを写真に撮ってサイトに載せよう


カメラからすぐに削除しない

写真を撮ったあとにカメラでそれを確認して、すぐにボツと判断してすぐに写真を削除するのは避けましょう。削除したい気持ちを抑えて、判断するのは写真をコンピュータにダウンロードしてからに!パソコンの大きな画面で見たときとカメラの小さなスクリーンで見たときでは、写真は全く別に見えます。大きな画面で確認してから、どの写真を削除するか採用するかを判断しましょう。

商品写真を撮ったあとにパソコンの画面で確認


詳細撮影?チューリップモードを活用

ほどんどのカメラには、商品をクロースアップで撮影するためのモードが搭載されています。チューリップっぽい花のアイコンが描いてあるモードが「マクロ」と呼ばれる設定です。このマクロモードは、花やアクセサリーのように小さい被写体を撮影する際におすすめです。小さな被写体でも上手くフォーカスでき深みのある写真に仕上がります。

プロのコツ ― マクロモードでも撮影が難しいほどに小さい被写体の撮影をしたい場合は、エクステンションチューブを利用すると、より小さい部分にも接写してフォーカスを当てることができます。エクステンションチューブは、プロカメラマンによって利用されることが多いですが、売れる商品写真を撮るためには試してみて損はないはず。

カメラのマクロ設定で撮った写真


編集作業で差が出る!

写真撮影を終えた時点では、ようやくスタート地点に立っただけです。次は編集と修正作業が待っています。まず確認したいのは、サイト用に画像を準備する段階で、全て写真がほぼ同じサイズであること。自分で1~3パターンの画像サイズ(大・中・小)をあらかじめ決め、ホームページ上の画像のサイズがあまりにもバラバラになることがないように、サイズを統一しましょう。サイズ変更は、ウェブデザイナーじゃなくても、コンピュータが得意じゃなくても、写真を写真編集ソフトウェア(Photoshopやその他の無料オンラインツール)にアップロードしてサイズを変更するだけで簡単に完了です。加えて、写真の切り抜きや色の補正などをすれば、グンッと写真のクオリティが上がります。Wixエディタの中から直接使えるAviaryの画像エディタを使って、写真をプロ並みにサクッと一新しましょう!

さあサイトの商品画像のクオリティをググッと上げて、オンラインの存在感をより美しくしませんか?

 

動画で細部を見せる!

 

想い入れを書き尽くす!

ネット上の売買の場合、ひと目見ただけで「これは信頼できる!」と思う人は、まずいないでしょう。

(売る方も買う方も全くの赤の他人ですので、当然といえば当然ですよね。)

全く知らない人から物を買うとなれば、
脳は勝手に怪しいと思ったり、不信感を感じたりしてしまいます。

これらのマイナス要因をすべて取り除くために、まずはあなたが説明すべき所はしっかりとして、
相手に理解してもらうことが何より大事なこととなります。

 

少々長くなってしまっても構いませんので、車に対する思い入れやエピソードなど、

思いつく限りを書き尽くして思いを伝えましょう!